• 坐骨神経痛について
  • 膝の痛みと予防法
  • 肩こりと枕の深い関係
  • 頭痛について
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • 円形脱毛症と鍼灸治療
  • 生理痛と鍼灸治療
  • 小児鍼とは?
  • 不眠症の原因を探ろう

ホームページ特典

初診料割引

往診

交通事故

ホーム > アレルギー性鼻炎(花粉症)

花粉症

 

春が近づくと心も何故かウキウキとしてきて嬉しくなりますね。しかし花粉アレルギーの人にとっては鼻がムズムズしてきて、ああ春が来たと手放しで喜んではいられません。やれマスクだ、メガネだと気分は憂鬱になってしまいます。
花粉症の症状は初期には鼻水タイプの風邪の症状に似ています。しかし症状が長期間に及ぶようになると、鼻閉、クシャミ、目と鼻の痒み、臭覚障害、咳、耐えがたい身体のだるさ、後頭部から肩にかけての凝り、頭痛と花粉症でない人には想像を絶する辛さです。

 

花粉症(アレルギー性鼻炎)どうして起こるの?

 

花粉

誰もが花粉を吸い込むことにより症状を現すのではなく、アレルギーを起こしやすい体質を持った人が発症します。ご存知のように日本では杉、ヒノキ、イネ科植物、ブタクサ(秋季)などの花粉やハウスダスト、ダニの死骸が鼻の粘膜の1番表層の部分に取り込まれて、そこでアレルギー反応を起こすことが原因となります。ディーゼルエンジン車の排気ガスの成分も鼻の粘膜を傷害し発症要因として挙げられています。花粉などのアレルギーの無い人も長期間、異物である花粉を吸い続けると身体に抗体ができてしまい発症してしまいます。

 

東洋医学的に考えると…

 

アレルギー性鼻炎になる原因には外因(花粉やカビなど)内因(身体が弱った状態)があります。
花粉症は肺や脾臓の機能が落ちて(気虚体質)起こると考えます。さらに症状が進むと腎虚と言って腎臓の働きが弱ります。肺は蓄痰の臓器で弱ると痰が溜まりやすくなり、鼻水や透明の痰が多くなります。脾臓は生痰の臓器で弱ると肺の症状を余計に悪くします。脾臓は冷たい物、甘い物、脂っこい物の摂りすぎでその働きを損ねます。 腎臓は先天の元気と言って生まれ持った体力を蓄えています。水に関係する臓器なので、薄着や冷たい飲み物で乾燥の状態は腎虚となり発症すると考えます。
過労や睡眠不足のままでの仕事、暴飲暴食、食生活の偏り、PCのし過ぎでの眼の酷使、喫煙や飲み過ぎなどはなるべく避けたいですね。

 

どういう人が鍼に来るの?

 

当院の隣は私の弟がしております耳鼻咽喉科なので、その患者さんも多くおられます。
薬だけではなくて鍼灸もしてみようと思われる方は、出来れば自然に自分の持っている免疫力で治したい、薬(ステロイドなどは)はなるべく使いたくないという方が殆どです。しかし、症状があまりにもひどい場合は強い薬を使わなくてはならない場合もあります。

 

どれくらい通えばいいの?

 

症状がひどい場合は週に1回(場合により2回)の全身的な治療と鼻の周囲のツボを選んでの治療となります。症状が軽い場合は鼻の周囲だけの治療をするのみの方もあります。
しかし先にも書きましたように病気の発生の原因は生活の不摂生などが考えられるために定期的な治療で免疫力を高めたほうが良いと思われます。
続ける事により、昨年はあんなにひどかった症状が、今年は全然楽だというようになるはずです。

 

花粉症(アレルギー性鼻炎)の治療はどうするの?

 

当院では長野式という方法で、疲労を取り、免疫力をアップさす治療を先に行なってから
鼻の周りのツボを選んで、症状にあわせて一番よく効くところに治療します。

 

●晴明 (せいめい) 目頭の内側で鼻陵をはさんで指圧するとズーンとする所です。
●迎香 (げいこ) やはり鼻の通じを良くします。鼻孔のふくらみの外側です。
●上星 (じょうせい) 前髪の生え際から指1つの幅を上に上がった所で押さえると痛く凹む所、蓄膿にお灸をして効果があります。


顔面ツボ上記のツボは即効がありますが、上に説明したツボ以外にも全身の根本治療をしたほうが良いと思われる脾臓、腎臓のツボにも鍼や灸を施します(お灸も心地良い熱感で、熱くなく火傷や痕も残りません)。

今年の春はさわやかな気分で過ごしましょう。